BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷通信vol.1

ちゃお!

下町が誇る大胸筋男、金ゐ國許です。朝原か僕かということで、「絶対ありがとう」。NOMOクラブに惜敗したゴールデンゴールズの監督、欽ちゃんの言語感覚に驚いています。

さて、この『BLOG馬場毎日sawayaka』も安定期(倦怠期)に入り、文章にもハリやツヤがなくなってきました。自分で言うのもなんですけど、始めた頃の緊張感が薄れて、どうも完全にルーティーン化しているようです。総選挙で言うところのアレですね。特に思いつきませんけど、たぶんヒロシマロックがらみのソレです。

つまりそろそろ動きが必要かな、ということで、雷が鳴った日はぜひ『馬場毎日』を見てください。メルマガならぬブロマガ「雷通信」を掲載します。このブロマガはいつもなら更新にカウントしてしまう小ネタを最低でも3個同時収録した超お得版です(ただし私の家付近で雷が発生した日限定)。基本的に「ネタ」なので、非つげファンの方もこの機会にブックマークしちゃってください!


そんなにネタがあるの?

ご心配なく。時間がありますから。ネタはなくても作ります。ネタの為なら何でもします。嘘すらつきます。むしろ嘘しかつきません。というより嘘もつきません。気分的には分かり合えた友の愛した人でさえも欲しがります。

この段階で「意味不明だよこいつは」と思った人も安心して閲覧をお続けください。ブロマガ「雷通信」には


■ネタ1:雷ってなに?
へえー、そうなんだ!読んでないけど。


このようなデアゴスティーニもビックリな「真面目で面白い情報」も含まれております(適当に書いてます)。他にも、


■ネタ2:映画情報
vip726401.jpg vip726402.jpg


小学校から宮中晩餐会まで使えるほのぼのパーティジョークあり、


■ネタ3:絵馬突っ込み2
癖になると怖いので、画像使用は今回限り。微笑ましいものを一枚。

116_1672.jpg

もうひとつ、シャレにならない絵馬もありました。息子思いのお母さんによる愛情たっぷりの絵馬。怖すぎて文章にすら起こせません。人間の業って深いなあ

tokimairi-1.jpg
こんな感じ


もちろん既存の連続企画もあって、


■ネタ4:尾道と大林映画1
まずは大林宣彦監督の尾道シリーズに馴染みのない我々や我々より後の世代に向けて。

三部作
「転校生」(82年)小林聡美初主演 尾美としのり
「時をかける少女」(83年)原田知世初主演 尾美としのり
「さびしんぼう」(85年)冨田靖子 尾美としのり
新三部作
「ふたり」(91年)石田ひかり映画デビュー 中島朋子
「あした」(95年)宝生舞出演
「あの、夏の日」(99年)宮崎あおい出演

映画の解説は後々やるとして、この間のつげ巡礼では尾道に立ち寄ったのですが、偶然写真の中に「ふたり」で中島朋子が事故死した場所が写っていました。ホント偶然

116_1658.jpg 116_1659.jpg
トラックが突っ込んできたのは寺からの道

え・・・?
やだなあ、ただの偶然ですよ。つげ巡礼はロケ地巡りとは違うって言ってるじゃないですか。だいたいつげファンと大林ファンは両立しないですよ。

116_1650.jpg 116_1649.jpg
まさかここが長谷部真子が住んでいた旅館だなんて知りませんて

116_1653.jpg 116_1655.jpg
まさかピアノの音なんて聞こえませんて
まさか国宝を前に「中が見えないんじゃただの寺じゃん、クソ面白くない、次行こ」なんて言いませんでしたよ。

116_1670.jpg 116_1671.jpg
「転校生」の階段(御袖天満宮)です。ちなみにネットでこんなものを発見。イヒヒヒヒヒ!

って違いますって!ファンじゃないですって!御袖天満宮はつげが訪れた尾道のシンボル的な存在ですから、資料的に訪問・撮影しただけですよ、失礼な。それは邪推というものです。あたし猫だからね。いろんな抜け道知ってるよ(死

116_1688.jpg vip726403.jpg
名物歩道橋



というような旅のこぼれ話もあって、



■ネタ5:種田山頭火に馴染む
青空文庫」や「つれづれの文庫」を参照、引用(いんだよね?)して「まっすぐな道でさみしい」
「どうしようもないわたしが歩いてゐる」

で御馴染みの種田山頭火にもっと馴染みましょう。


あの雲がおとした雨にぬれてゐる

雨だれの音も年とつた

飲みたい水が音たててゐた

墓場あたたかうしててふてふ

しづけさ、竹の子みんな竹になつた

うーん、次回からはテーマを決めて句を選ばなければいけないな。句というものは順番でだいぶ変わってくるものだなあ。何だか台無しにしている感が・・・・



とまあ、こんな感じで歴史上の人物も参加しての充実の内容です。
問題は「続くか」、その一点のみ。まず無理でしょう。さよなら
スポンサーサイト

 HOME 

Calendar

10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。