BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北冬名鑑」と、ネットだからこそ

今日、久しぶりに馬場つげ研のメールボックスを開いてみたら、一件のメールが届いていた。受信日は2月20日。一週間が過ぎてしまっていた。
アドレス「bbtugeken@hotmail.co.jp」は、馬場つげ研専用にフリーで開設したものだが、閲覧者様からメールが届くことは極稀にしかないので(届くのは『週末から』を載せたときぐらいである)、たまにしか開かないのである。開設当初は毎日確認していたが、次第に一週間に一度になり、一ヶ月に一度、迷惑メールを削除するだけになっていた。

匿名にする必要もないと思うが、一応名前は伏せる。届いたメールの件名は「北冬名鑑 鈴木翁二のプロフィールについて」。


こんにちは。
『「政治的関心を持って」』とありますが、
自分の持っている不完全な資料の中で
そのソースを見つけられませんでした。

返信は結構ですので、もしなにかの間
違いでしたら訂正しておいて下さい。

P.S 鈴木翁二のネット上のソースは
おかしいのが多いです。



問題の「鈴木翁二のプロフィール」とは、【こちら】である。まず、送信者の要求に応えておくと、当該部分に間違いはないと思われる。出典は、下段「北冬書房との関わり」にも記されている、『幻燈』2号掲載のインタビュー「1970年前後」である。インタビューでは、以下のようなやりとりがある。


――中上健次さんが翁二さんには政治的関心がなかったとその頃の思い出を綴っていますが――。

鈴木 それは間違いだよ。俺は神田のカルチェラタンに行ってるもの。新宿の米タン阻止のときも俺は一番前でスクラム組んでいた。政治主義的な関心はないけど、自分の中で切実さはあった。



個人向けに返信すればいいものをこうしてブログに書いたのは、このような微に入り細にうがった指摘は、通常「揚げ足取り」として嫌がられるものであるが(知人のファンサイト管理人も嫌がっていた)、では、馬場つげ研はこのメールに不快になったかというと、そんなことは微塵もなく、むしろ嬉しくなったのである。そのことを公言しておきたかった。

微に入っても微に入っても青い山。当会をそこまで熱心に見てくださったことにまずは感謝したいし、何よりもミクロイズム、トリビアイズムこそが馬場つげ研の原動力であって、こういうメールは我々のやる気を掻き立ててくれるのだということを強調したい。この言葉に裏はない。

若輩の我々には、ほとんどの作家・作品について後追いせざるを得ないという宿命が付いてまわる。そんな言い訳を隠れ蓑にしていいはずがないが、リアルタイムで熱狂した世代にしか知りえないことも多くある。そして、年月分のディスアドバンテージを埋めるには、さらに長い時間がかかりそうだという実感がある。

無闇に時間を費やすことを避けるためにも、馬場つげ研はリアルタイム世代からの反応を心待ちにしているのだ。反応は馬場つげ研に対してでなくても構わない。公式サイトでも、ミクシィでも、自ら立ち上げたブログやホームページでも、誰もが共通して手に入れることのできるインターネット上でさえあれば、それは素晴らしく価値のあることだと思う。

たとえば、つい先日公開された【イエローさんのガロ辞典】からも学ぶことが多かった。イエローさんは以前、鈴木翁二を「綺麗な斜線が描けなくなった時点で駄目になった」と斬捨て、なんと眼がある人かと感心させられたのだが、労作発表の陰に隠れて控えめな「『ガロ』を広めたい」という心意気には、勝手ながら強く共感している。

インターネットは確かに「たかがインターネット」なのだろう。しかし、やはり「されどインターネット」なのである。同様に、「たかがファンサイト」「たかが個人サイト」も「されどファンサイト」「されど個人サイト」なのである。たとえ商業誌レベルでなかろうとも、あるいは日記調であろうとも、情報や見解をネット公開することの意味は、各人の思惑を超えて、重大なのだと私は考えている。

それは自分の行為を正当化したいがための都合いい意味付けに過ぎないのかもしれないが、私は「万国のつげファンよ、ネットで立ち上がれ!!!」と、心底から叫びたいのだ。大袈裟ではなく、そんな気持ちになったのだ。おそらく酔った勢いで今この文章を書き、明日にはまた愚劣なパロディを載せるのだろうけれども。一度でいいから、理念と照らし合わせて恥ずかしくないものを書きたいなと思うのだけれども。

アア・・・書いているうちに訳が分からなくなってきた!
おれはさびしいよ。人格を丸ごと曝している自分が悲しいよ。永島慎二られないよ。


【追伸】いやなことがありました
スポンサーサイト

演劇「ねじ式」

私は全く知らなかったのですが、astroさんから情報を提供していただきました。ありがとうございます。

劇団夢棧敷】という九州の劇団が「つげ義春原作」と銘打って上演しているようです。作・演出を手がける山南純平氏のブログは【こちら】。有名なのかな?

ホームページには台本・舞台写真も載っています。面白そうですねー。東京には来ないのかな・・・・

西野空男ブログ、一ヶ月ぶりの更新再開

こちら】。「怪人ゾンビ」の書き直しに加えて、新たな漫画「この空気」も掲載。西野空男はやっぱり好い。文章にも独特の面白みがあるので、私が金持ちだったら、即座にこのブログを一冊にまとめた小冊子を出したいと思った。

しかし・・・・【やはりヤフーブログの重さには辟易】。そもそも、あのサイズの画像を載せるのはブログでは厳しいのだろうか。

3月6日発売!『貸本マンガRETERNS』貸本マンガ史研究会

序章 貸本マンガの豊かな世界?戦後の貸本業界と貸本マンガ
1章 ヒーロー現る!?時代劇マンガの世界
2章 ミステリ、ハードボイルドの誘惑?探偵ものからアクションまで
3章 少女たちの夢のゆくえ?少女マンガの世界
4章 異世界への誘い?怪奇マンガの世界
5章 青春ってなんだ!?貸本マンガの終焉と青春マンガ
終章 貸本マンガに溺れて
資料編
●貸本マンガ関係年表
●貸本マンガ家リスト1000+α
●貸本マンガ出版社リスト

その他コラム多数、うらたじゅんのパラパラマンガ収録とのこと。15号までの総集編なのでしょうか、分かりませんが、さすがにこれは買いでしょう。1号持ってないし。『貸本マンガ史研究16号』も3月半ば発売予定、詳しくは【こちら】。

というか誰か『まんだらけZENBU』の権藤晋の連載コピー譲ってクレー

博士の愛した

どうしてもやりたかったパロ】。

すいませんすいません

参考リンク

「万力のある家」オープニング・パーティ

くだん書房】、【ミクシィのシバさんの日記】にも『万力のある家』新装開店の模様が載っていました。つげさんの写真が・・・・・!

ついでに。

今月14日?15日、私は「つげ義春に会いに行く」と銘打って新潟へ行き、肝心のナマの「つげ義春」に会えなかったという大いなる失態を犯しました。帰宅から1時間、パソコンを開いてこのことが判明すると、当会は激震。

「あんたのやることっていつも・・・・・・」
「軽率だ・・・・・・・・・・・・・・・・」

旅に同行した会員とは本気の喧嘩に発展しかけました。心の底から落ち込んで、サイトを畳んでしまおうとまで思ったのですが(事実一旦消してしまったのですが)、その直後けたたましく鳴り響く携帯電話。

「つげ研が無いぞ!」

救って下さってありがとうございました。

「万力のある家」で、つげ義春氏に会う

こちら】。

っっっぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

私は「鳥追い」に参加できたから、悔やむことは出来ないのだけれども、もう「つげ義春」という人物には一生会えない気がします・・・・・・

 HOME  »

Calendar

04 « 2017/03 » 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。