BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーコ果てしなく 北京限りなく

「有名サイトの仲間入りだぜ!」と息巻いたエントリを書いて以来、閲覧者離れが止まらない『馬場毎日』の執筆者・金ゐです。調子こいたらしっぺ返しを食らうのは、ネットも現実も似たようなもんでした。

「炎上したい」と書いたあの頃が懐かしい。平穏な日々に垂らされた一本の釣り糸に恐怖する天然魚の私は、どちらかといえば太公望になりたいのです(深い意味はない)。嗚呼「週刊誌に叩かれたい」。いやはや幹事長、じっさい幼稚な発言でした。

村上春樹の作品中、最も印象的な文章を忘れていた私には、偉そうなことを言う資格がありません。湖岸から離れゆく釣り人に幸子あれ。


で、話は変わるが「老人の背中」とロアルド・ダール「皮膚」

どう感じる?




さて、そんなこんなで20人も見ていないような状況が一週間続いていたのですが、いきなり「どかん!」とアクセスが跳ね上がって驚きました。どうしたことじゃ太郎冠者。「サーチワード」の履歴ランキングを見て、納得。

1位はぶっちぎりで「末次由紀」でした。やはり皆さん興味あるんですね。『たけくまメモ』は一日6万ヒット(!)を記録し、議論も盛んなようです。

「サーチワード」履歴は、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンに、何と打ち込んで自分のブログにたどり着いた人が多いのかわかる、大変便利な優れものなんですが、昨日の閲覧分を見てみると、「末次由紀」以外にも意外と散らばっていて面白かったのです。中途半端な時期ですが、今までのまとめも兼ねて、見てみましょう。


例えば2位。
ゲバ文字 カッコいい
ある日、 ふっと「ゲバ文字」のフォントってないかな?と思い立ったのでしょうね。私もそうでした。この間は丸一日かけて手塚治虫風フォントを探して、「手塚治虫 フォント 無料」「真心ブラザーズ 人間はもう終わりだ フォント」などと打ち込んでいましたよ。見つからなかったけど。


5位・6位
高田馬場 らんぶる
高田馬場 らんぶる 閉店

ああー。私、『クラシック』と『らんぶる』を書き間違えたのです(直しておきました)。申し訳ない。2001年まで営業していたことは確認できたんですけど、閉店はいつだったのでしょうか。


7位
赤い実のなる木 うらたじゅん
ここらへんのワードで来て頂いた人はぜひ足跡を残していってください。交流しましょう。以前の舌足らずな見解から少しは成長できているのかな。少し前のエントリが死ぬほど恥ずかしいのは、きっと内容のせいじゃなくて、私の情緒不安定が原因なのでしょうよ


8位
藤澤恵麻 奇談
本人だな。うん。間違いない


12位
最後の時計台放送
「われわれの闘いは勝利だった。全国の学生・市民・労働者の皆さん、われわれの闘いは決して終わったのではなく、われわれにかわって闘う同志の諸君が、再び解放講堂から時計台放送を真に再開する日まで、一時、この放送を中止します。」(東大安田講堂、1969年1月19日)

以前のエントリでは「闘争の歴史さえ「カッコいい」と消費してしまう自らをだらしなく思い」なんて書きましたが、やはり何だかカッコいいです。


13位
宮崎あおい ヌード 映画
まあ、今更宮崎あおいについて何か言う必要もないと思いますが(今読むととっても痛いこんなエントリも書いてました)、ちょっとだけ。一言で映画を成立させた役所広司と、一言で映画を破壊した宮崎あおい。「ユリイカ」はだからこそあんなに長いのです。


14位・15位
僕の彼女を紹介します 古谷実
僕の彼女を紹介します 僕といっしょ

パクリつながりですね。末次由紀のニュースを見たテキストサイトの人やブロガーが、「そういえば・・・」の書き出しで一ネタ入れようとしたのでしょう。私もよくやります。該当エントリはこちら


17位
世界の中心で、愛を叫ぶ エゴ 助けてください
今更映画をレンタルで見て、相当いきり立ったんでしょうね。気持ちはわかります。最近のエントリですが、こちら


19位
ハックルベリー・フィンの冒険 解説 卒論
「卒論」を「ハックルベリー・フィンの冒険」で書こうとしていている文学部生が、「解説」をコピペできないものかと考えたのでしょう。冒険はそんな甘くねえ。結局、旧友パウエルとの再会を書いたエントリが引っかかったのでした。


20位
テヅカ・イズ・デッド 伊藤剛
このワードで来てくれた人は、「テヅカ・イズ・ダッド」に笑ってくれたのでしょうか。そこが気になります。


あれ?もしかして意味不明のエントリだとか思いました?・・・・そう、確かに近頃、文章にまとまりがない。愚にもつかないタイトル名を見れば、集中力の低下はあきらかです。なぜだかわかりますか?言いたいことは山ほどあるのに言えない状況にあるから、少し、フラストレーションが溜まっているのかもしれません。
「対価」って言葉、何のためにあるんでしょうか。ねえ?
スポンサーサイト

にゃーーーーん

nyao.jpg

黒い宇宙船

bonobo.jpg


台無し

hinoji.jpg


泣く子

nakuyo.jpg


標識

66660.gif

666661.gif

666662.gif


ドラえもんぽいもの

1136485365417.jpg

 HOME  »

Calendar

10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。