BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つげワールド・フルCG化計画など

先日までつげ義春の“調布モノ”について文章を書いていたのだが、そのとき突然思いついたのが「ひなげし荘」の再現である。「ひなげし荘」って図面引けないか?CGにできないか?建てられないか?ということである。

「ひなげし荘」のモデルとなった「ひなぎく荘」は既に取り壊されて存在しないが、作品中にいろいろな角度から描かれているし、写真もいくつか残っている。ここにつげ先生のアドバイスが加われば、細部まで完璧に再現できるはず。

だいぶ前の『馬場毎日』では「デビュー作の家」を紙製の付録にしたらいいと書いたが(つげの手による部屋の見取り図が載っている)、つげファンの建築士の方、ぜひとも紙製といわずに、最低でもCGを作ってください。そして初のCG作品集として売り出してください。

CD-ROM付雑誌の形がいいかもしれないな。雑誌にはCGに使用したイラストを再掲、つげ先生のアドバイスも収録して抜群の資料価値。

CCF20050818_00002.jpg  CCF20050818_00001.jpg
なんとなくデジタルガロ


CD-ROMといえば、かつて「MangaROM」というシリーズが小学館から出ていた(ホームページを発見。かなりの草創期っぷりです)。

windows95にあわせての発売だったようで、96年から楳図かずお「ウメズマ」、山科けいすけ「C級さらりーまん講座」、相原コージ「コージ苑」、村松誠のイラスト集「ねこROM1・2」、さいとうたかを「ゴルゴ13」、池上遼一の「近代日本文学名作選」などなど結構な数が出ていました。その中にはつげ先生の『紅い花』も。

4099068277.jpg

1996年5月発売。定価4900円。

「不世出の天才漫画家つげ義春の名作がCD-ROM で蘇る。原作を忠実に再現、彼ならではの世界をパソコンモニターに展開。不世出の天才作家・つげ義春の作品を、最高のスキャニングとフルカラー着色でCD-ROM化。作者の繊細な画風を損ねることなく計算しつくされた構成が、効果音とともに重厚なロマンチシズムを幾重にも増幅させます。紅い花、大場電気鍍金工業所、ゲンセンカン主人、リアリズムの宿を収録。」

らしい。効果音て。まさか蝉の声とか川の音を入れたんじゃあるまいな?
手塚治虫全集赤塚不二夫全集はDVD-ROMで出ているが、これは容量の問題?まさかこうした効果音が入っているからの容量?
スポンサーサイト

COMMENT

赤塚不二夫のサンプルの『ナマちゃん』面白いですな。

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/150-07587b40

 HOME 

Calendar

03 « 2017/04 » 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。