BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本逆流紀行・再開予告

 大分間が空いてしまった。前回が今年の3月31日だから、実に半年ぶり(!)、「馬場毎日」がブログに移行してから初めての「古本逆流紀行」である。

 2004年7月、私は古本屋で購入した一冊の新書の、すっかり日焼けして茶色くなったページの間に名刺を見つけ、名刺の人物を探しはじめた。詳しくは『古本逆流紀行1・2』『古本逆流紀行3・4』を読んでいただきたいが、この企画は既に今年の夏に完結している。まだ導入の部分しか書いていないので、「信じる」「信じない」の段階まで到達していないと思うが、確かにラストシーンは存在しているのである。

 雑多なネタを日々拾ってくるくせに、肝心の続き物に手をつけない時期が長引くと、「ほらみろ、全部嘘だったんだぜ」「オチが思いつかなかったんだぜ」という批判が聞こえてくる。しかし、書かなかったというよりも、書けなかったのだから、仕方がない。書けないのに書いてしまうと、アクセントのつもりで文章に入れた過剰な引きや韜晦が目的に転化して、丸きり与太話になってしまう恐れがあった。

 過去四回の思わせぶりで大袈裟な文体を引き継いだまま、「書けなかったのは、『逆流』という摂理への不自然な反撥から、無理がたたって精神をやられた当然の結果であった。私が見たもの、はじまりは一枚の紙切れに過ぎなかったはずの真実から、目を逸らさずにはいられなかったのである」。こんな具合に続けてもよかった。展開を急がずに、書けなかった半年間を「逆流」行為に特別な意味を与える時間として位置づけるのも無駄ではないと思った。

 しかし、それでは私の奇妙な体験談はますます信憑性を失くしただろうし、「しつこいなあ」とだけ思われたのでは、下世話な話だが、あまりにもったいなかった。一笑いのネタにしては地味で長すぎ、まったく笑えない結末が待つ、この紀行文の扱いに私は戸惑い、安易に書き進めることができないでいた。

 書けなかったのはそのような高尚な(?)理由からだけではなかった。情けないことだが、集めた情報を整理する時間がなかったのである。私の愚直な性格を知り抜いている親しい友人でさえ、最後まで信じようとしなかった『古本逆流紀行』である(ブログには決してアップできない「名刺」を実際に見せているにも関わらず、彼らは疑い深かった)。説得力を持たせるためには、相応の資料を集めなければならなかった。しかも、私は主な舞台となった南足柄市で撮影した100枚近くの写真データを全て消去してしまったのである。再び現地へと赴き、市内を歩き回る作業が残っていた。

 足早に時だけが過ぎゆく。私には、どうしても年内に「逆流」の全行程を書き終えねばならない理由があった。それについてはまだ詳しく書かない。まだ書くべきでないと思うから書かないが、とにかく急いでいた。市立図書館の話、八重桐の腰掛け石の話、塚原駅の青果店の話。「ガンブリヌスの丘」の話も記さねばならない。一向に上がる気配を見せない己の情報処理能力に悲しくなって、「小説家すげえ、郷土史家すげえ」が口癖になりつつあった、この半年間であった。

 10月に入り、ようやく完結に向けて書き始める準備は整った。いよいよ私は『古本逆流紀行』と正面から向き合うことにした。因縁の絡み合った不思議な物語をどこまで正確に伝えることが出来るか分からない。しかし、例えば『小僧の神様』の焼き直しと言われてもいい。オチだとかヤマだとか、そんなものは今はなき神社の木仏の脇に置いてきてしまった。・・・・・これも説明が必要だ。前置きを終えて、私は筆をとろう。


「古本逆流紀行」流血の第五回・予告

人は何を求めて「逆流」するのか。

「森は突然開け、そこには図ったかのように地蔵が並んでいた。私は驚愕した。先ほどの本の記述と完全に一致していたのだ。」
H11-PCD2553-015l.jpg


愛か。希望か。サブカルか。

「山小屋の老婆は静かに語りだした。『いっちゃなんねえよぉ。だれにもいっちゃなんねえよぉ』・・・それは見捨てられた町の、哀れな末路の記憶であった。」
IMG126_S.jpg

金ゐは高田一成に会えたのか?手がかりは見つかったのか?

「スペイン人・・・?本当にスペイン人がこの村に・・・?」
ata4-thumb.jpg

 2005年冬、人類は「ゲルニカ」の本当の意味を知る。

これは下町の『タヴィンチ・コード』だ(キネマ旬報)
落雷を避けるための道具が避雷針だ(旺文社)
ていうか「ストーカー法」にひっかかるよね(チャニ)


COMING SOON
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/198-eada533c

 HOME 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。