BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井端義秀『夏と空と僕の未来』

個人製作のアニメーションが話題らしい。【こちらからダウンロード

マンガコラムニスト・【夏目房之介】は、「手塚治虫が見たらものすごく喜んだあとで歯噛みして悔しがるんじゃないかって作品」と絶賛。手塚マンガの第一人者的立場にある夏目にとって、最上級の誉め言葉と受け取っていいだろう。

「しかも、僕がイイと思ったのは、それがタダのパロディでも前衛的な気取りでもなく、そのままちゃんとストーリーの演出になっていて、けっこう読後感・・・・じゃないや鑑賞後の印象を盛り上げてくれるってとこです。つまり娯楽作品としてちゃんとデキてる。」

私はその<前衛的な気取り>こそが表現のスタートラインだと思っていて、そうした「思い上がり」が格好悪い、青いとされる現在の風潮に納得がいかない。そこに実験があればそれでよいのだ、そこに思想があればそれでよいのだ!・・・そんな感じで(半ば喧嘩腰で)『夏と空と僕の未来』を鑑賞したのだが、あれれ、意外と面白かった。

もちろん【長谷邦夫】が「斬新な形式でコマ割りマンガを動かしてみせてくれる。なるほどなあ?!!「面白いッ!」」と賞賛しているとおり、まだ「なるほどなあ?!!」の段階、括弧つきの「面白」さではあるのだが、アマチュア離れした完成度には正直、恐れ入った。「マンガ表現論的」文法をきちんと踏まえた作品の登場は、昨今隆盛な漫画評論の確かな成果と言えるのではないか(前述の不満もその一面いや反面なのかもしれない)。

夏目にこのアニメを紹介したのはあの竹熊健太郎だという。竹熊の言う【ハイパー・アマチュアの時代】において表現のパラダイム・シフトが起こるには、技術としての方法革新に加えて、<前衛的な気取り>が不可欠だと思うのだがどうか。
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/232-14940590

 HOME 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。