BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本雑記

 恒例の古本屋めぐりをしていたら、古井由吉の『櫛の火』新潮文庫を100円でゲット。思わず小躍りしてしまった。
 別にファンではない。というより、同じ新潮文庫の芥川賞受賞作『杳子・妻隠』も途中で投げ出してしまったぐらいで、ほとんど読んだことがない。しかし、こちらのページを見ればわかるように、いま古井由吉の過去作を家で読もうとすると、かなり難しいのだ(無論大きな図書館には必ず全集が揃ってはいる。そのレベルの名声を持つ作家なのである)。
 芥川賞の選考委員を務める大御所にも関わらず、代表作は軒並み絶版のままで、何作かは講談社文芸文庫で読むことができるが、これが呆れるほど高い。だから、「セドリ」とまではいかなくても、100円は激安なのである。

 その古本屋には福武文庫版『槿(あさがお)』も100円の棚にあり、久しぶりに幸せな気分になった。2003年に発売された講談社文芸文庫版はなんと1785円(!)神保町の文芸系古本屋ではもちろん絶版文庫プレミア本扱い。

 勝ったぜ!(何にか。言うまでもなく流通システムに、である!)

 ついつい財布の紐が緩み、『田口ランディその「盗作=万引き」の研究』を800円で購入。考えてみれば田口ランディが盗作してようがしてなかろうが、つまらないものはつまらないのだった、とレジで猛烈に後悔する。
 ヤフーで田口ランディを検索すると、登録サイトには本人の公式サイトとともに、「産廃物&盗作屋 田口ランディについて」という盗作疑惑まとめサイトが見える。 本人は嫌だろうなあ・・・・でもどうでもいいですよね
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/27-b5ecb4ea

 HOME 

Calendar

04 « 2017/03 » 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。