BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つげ義春特集8 男の隠れ家

kakure.jpg
男の隠れ家
1999年10月1日 680円 /138P
特集 つげ義春式ホッとする温泉 55軒

1 つげ義春さん
2 つげ義春の温泉宿・セピア色のインタビュー
 1 木賊温泉・イラスト
 2 岩瀬湯本・イラスト
 3 北温泉・イラスト
 4 黒湯温泉・イラスト


【付記】
1は本人の写真・コメント入り記事。2のイラストはすべて再掲。この4つ以外にもつげ義春が訪れた温泉宿の写真・情報を多数掲載。が、なかには無縁の温泉宿もあり、本人は55の選定に関わっていないようだ。あくまで「式」。

「つげさんは鄙びた温泉宿に泊まり束の間のやすらぎを得たそうです。(中略)そこで、ほんとうに自分がホッとできる、心からくつろげる場所を求めて、北海道から東北、関東、九州まで、全国の温泉や旅館を徹底取材しました。つげさん、あなたが「感激」された鄙びた温泉、「江戸か明治時代のまま時間が停止したような湯治場」の面影が、まだこれだけ残っていますよ。」
スポンサーサイト

COMMENT

↑ゴーギャン?何故に…

ゴーギャンと言えば・・・・。

ゴッホ。

ゴーギャンは、視界不良の画家・・・。
何処から来て?何者で?何処へ?タイトルの通り?
なんでしょうか?

わあすごい

タイトル画像を変えただけでコメントがつくなんて出世したなあw

オグリンさんのご指摘どおり、マンガ評論ブログ界(?)で新年早々話題を呼んだのが、この「D'où venons-nous? Que sommes-nous? Où allons-nous?」(われら何処より来たりしや、われら何者なるや、われら何処に去らんとするや)でした。

「漫棚通信」さんが白土三平『忍者武芸帳』のラストシーンで影丸が呟く名文句「われらは遠くからきた。そして、遠くまでいくのだ………」の出典を調べ、夏目房之介氏のコメントで決着したのですが、なるほど白土とゴーギャンか!プロレタリア・アートの洋画家である父・岡本唐貴の影響もあったのでしょうか。

わたしはすぐそこから来た。そして、決して近寄らないのだ………

http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_7b20.html

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/333-b5a625ab

 HOME 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。