BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北関東侮りがたし

『旅年譜』によれば、1972年5月、つげは「石岡を経て筑波山見物」をしている。石岡についての記述はこの箇所のみであり、どれくらい時間をかけて回ったのか、全く町を見ずに素通りしたのかは分からない。このときは友人のTが同行しているので、車での旅行だと思われるが、石岡から筑波山へ車を走らせたのであれば、つげが八郷町の茅葺を目にした可能性は十分ある。石岡駅から西に進んでも、土浦から北上しても、八郷町近辺を通るからである。

現在も八郷にはかなりの数の茅葺民家が残っており(60数棟もあるらしい)、どれも手入れが行き届いて美しい。特に南部を走る県道150号沿いは圧巻であった。車の往来が少なくないため、のんびりするには適さないが、それもまた観光地然していないようで、うれしい。30年以上前なら、つげが絶賛した岩瀬湯本の「文化財級」の衝撃を味わえたかもしれない。

yasato02.jpg yasato03.jpg
yasato04.jpg yasato05.jpg
萱葺き以外にも古民家が目に付く。門構えが実に立派である

yasato06.jpg yasato07.jpg
yasato08.jpg yasato09.jpg
市は「やさと萱葺民家めぐり」なるパンフレットを作成しているが、観光用に整備された印象は受けない

yasato10.jpg yasato11.jpg
yasato12.jpg yasato13.jpg

yasato15.jpg yasato16.jpg
茅葺きの向こうに茅葺きが見える、萱葺きファンには堪らない光景。

yasato14.jpg yasato17.jpg
yasato18.jpg yasato19.jpg
長屋門の萱葺きも多い

yasato20.jpg yasato21.jpg
yasato22.jpg yasato23.jpg
ここに挙げた萱葺きは極一部に過ぎない。家が集合し、その中で萱葺きが町並みを構成しているのは小幡だけであり、他の数十棟は田園風景の小集落に点在している。

yasato24.jpg yasato25.jpg
右下は蕎麦屋。山菜そばを食べながら思う、北関東侮りがたし。
スポンサーサイト

COMMENT

新潟の田舎来て来て!!!

凄いのあります。

新潟はありそうですね!

ちょっと前にタイトル画像にもしていましたが、雪中の萱葺きなんて最高です。最高。(まだ雪はありますよね?)

そうですか、凄いのがありますか。意外と萱葺き残存数は「東京からの距離」と比例する・・・・わけではないんで、発見が難しいのですよね。

萱葺きの情報ならネットにいくらでもありますが、その建物がどういう環境にあるのか、町並み全体の雰囲気を知るには現地に行かなくてはならない。結局地元の人しか知らないというか。

行きたいなぁ。

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/365-0289da49

 HOME 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。