BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇「ねじ式」

私は全く知らなかったのですが、astroさんから情報を提供していただきました。ありがとうございます。

劇団夢棧敷】という九州の劇団が「つげ義春原作」と銘打って上演しているようです。作・演出を手がける山南純平氏のブログは【こちら】。有名なのかな?

ホームページには台本・舞台写真も載っています。面白そうですねー。東京には来ないのかな・・・・
スポンサーサイト

COMMENT

ねじ式をですか?

なかなか興味深いですね。
ブログを拝見してみます。

こちらには はじめまして。
演劇「ねじ式」、ぜひ東京にもきてほしいですね。
観てみたいものです。

あの世界観をどのように芝居にするのか、興味ありますね。

はじめまして

 熊本に棲息する劇団夢棧敷の山南と申します。
 「高田馬場つげ義春研究会」様のサイトは大変参考になり、昨年の夏くらいからチョクチョク覗かせて頂いていました。
 あの短編漫画「ねじ式」を昨年の11月に熊本で上演して、この春と夏までに三部作として熊本ー福岡ー大阪ー名古屋での公演が決まりました。
 残念ながら東京公演は劇場での宿泊ができないために先送りしてしまいました。いくつか知り合いの劇団がありますので、いつかはお世話になりつつ東京でも公演を予定しています。
 つげ義春の世界は手ごわいですね。
 演劇となると、原作やテレビドラマ、映画との比較をされてしまいます。だからこそ、演劇での上演に演りがいを感じます。演劇でしかできない表現を追及しています。
 若いメンバーは高校生と大学生。中間がいなくて、50代と60代の世代を超えた構成メンバーで取り組んでいます。
 「ねじ式」のイシャを探す彷徨いは、まさに今(現在)の青年像としての彷徨いをテーマに面白おかしく、そして怖い物語に仕上がりつつあります。
 小劇場の流行に逆らって、只今、アバンギャルドに面舵いっぱいでつげワールドに挑戦中です。
 今後とも、このサイトではお世話になります。このブログで話題にして頂きありがとうございました。(長文、失礼しました。)

はじめまして。

当会を見ていただいているようで、ありがとうございます。

「ねじ式」の演劇化と聞いて、驚いて紹介させていただきました。ブログにも書かれていましたが、やはり近隣のつげファンなら絶対に見に行きますね(その方にはかなり好評だったようなので、ますます見たくなりました)。

手ごわいつげ義春の世界をどうやって演劇にするのか、私には見当も付きませんが、アバンギャルド。大好きな言葉ですw
ぜひ、機会があれば観にいきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

よろしくです。

金ゐ國許 様

Mです。
ぜひ、みてください。
面白いですよ~~~~。しびれてます。

はじめまして?

なのでしょうか。
うーん。九州にいってこれるかしら

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/367-6d0e2960

 HOME 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。