BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠陥ZAKKI

適度に忙しいと自分のようなものでも社会に適応できているようでうれしいなあ。「そんなんでテンテコ舞じゃ」って友達にも言われたのだけどね。で、空き時間に図書館に行ったでごわす。3時間、雑誌をひたすらコピーする。何のために?資料のために。

本日は「まつり」全号をざっと調べ、コピーの嵐。うーん。いいですねー、手垢のついてない本ってのは。気持ちよくなる。使えるんだか使えないんだか定かではない、しかし興味深いタイトルが踊る。すげえな祭りファン。
つげ関連では、「鳥追い」について調べようと思って、「日本民俗学」のバックナンバーにあたる。こちらは【総目次があった】ので、調べるのが楽。69号に「鳥追い歌の変遷」というビンゴな論文が収録されていた!が、なぜか69号が見当たらない。やる気なさそうな、だるそうな司書に聞くと、「貸し出し中です」なんだと!「嘘だよ!絶対欠号だろ!調べてみろや!いったいどんな人間がこんなもん借りるんだよばか!」そのときの司書の嫌な笑みったら。

現代の眼】を数冊、「現代のエスプリ」からは「鈴木牧之の『遺書』ノート」、あと「ユリイカ」。

帰り際、地元の古本屋に寄る。中野重治、井伏鱒二、ロブグリエを講談社文芸文庫で買って1500円。高ッ。『文藝』の【】特集号、『國文学』の「映像の世界」特集号、つげ忠男・片山健のイラストが載っている『終末から』、『早稲田文学』特集111年の評論を210円で。

早稲田文学】のフリーペーパー「WB」を貰って帰る。・・・・と、いま『耳をすませば』を見ていたら、主人公の雫が、空想の中で吐かれるべき台詞「ちがう、おまえなんかじゃない!」を図書館で絶叫していた。周りで本を読んでいた人たちが驚いて顔を上げ、雫は赤面していた。

で、デジャヴュだ。おれ、このシーン見たことあるよ。ただ、男だったな。年ももっと上か。あ、周りの人たちは顔を上げなかったし、本人は赤面してなかったな。強烈な匂いがして、その後追い出されてたなあ・・・
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/392-9534d220

 HOME 

Calendar

08 « 2017/09 » 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。