BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つげパロディーの系譜2 『Death Comi』

「Death Comi」 古谷兎丸(ふるやうさまる)

1996年1月発行の『COMIC CUE』Vol.2に掲載された四コマ連作。その中のひとつ、「助川助三の野望」では、タイトルからも解るように、つげ作品が目一杯登場、馴染み深いキャラが所狭しと詰め込まれている。

tp-cue.jpg

上のコマだけでも、(左下から)「ねじ式」「ほんやら洞のべんさん」「ゲンセンカン主人」「山椒魚」「紅い花」「蒸発」「リアリズムの宿」「海辺の叙景」「やなぎ屋主人」「チーコ」「庶民御宿」「ある無名作家」、その数実に12作品。他にも「噂の武士」「石を売る」ペン画「桃源行『黒湯』」がパロディされている。

一見してわかるように、構図(配置)以外はほぼ原典どおりの描写である。「自称ニヒリスト」の友人も、小さいながら全くそのままに描かれている。ネタ的には、古谷節満開の「その後」(『ドラえもん』パロディ)の方が遥かに面白いが、いずれにせよ、やはり画の巧さは際立っている。『ガロ』出身作家としては、「リスペクト爆発!」といったところだろうか。

この号の『コミックキュー』では、各作家が過去作リメイクを手がける「カバー・バージョン特集」を組んでおり、目次にはパロディがずらり。例えば、松本大洋の『ドラえもん』、泉昌之『おそ松くん』、おおひなたごうの『魔太郎がくる!』・・・挙げていく必要が無い程度に売れたと思うので、省略する(レビューはこちらでも)。

ところで、ジョイントレビューが載っていたが、その中で「ロッキンオン」の編集長(当時)が『稲中』に0点をつけていた。これには心底驚いた。いかなる形であれ、「思想」的に『ロッキンオン』は『稲中』を取り込まねば立ち行かないはずである。案外無理してロッキンしているのかもしれないオン。そう思ってしまった。

古谷兎丸のインタビューはこちら。古谷作品にはつげパロディが多数ある。順次紹介予定。
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/59-c38afcf7

 HOME 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。