BLOG馬場毎日 sawayaka

視界不良の馬場より金ゐ國許が綴る、満願成就三千里手前の幸福雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスポンスに春の病を見た

肆月帝國』に私のブログへのレスポンスを発見。彼に拙文の真意が伝わっていなかったら大変なので、TBせずにコメント項を書いておこう。


「隣の人が寝ながら寄りかかってきた場合、<中略>軽く押し返すか、無視する」「作法があるが、一昔前はそうも行かなかったらしい」
「高野文子 「るきさん」において、<中略>寄りかかって寝てしまったことが、おじさんにとっての誘いのサインになってしまった」
「今ではそんなことありえん」
「この時はまだ寄りかかって寝てくる人への作法が確立していないのではないか」
「この当時では、<中略>女性が男性に寄りかかってくるなんてことはありえなかった。だからそれに対する反応も作法としてなく、おじさんも特別なことと考えての行動となったのだろう。」(色,引用者)


この回が描かれたのは91年2月14日。『月帝國』さんが言っているとおり、「寄りかかって寝る女性が珍しいなんてことは無い」し、本人も「全然違う無茶な話になってしまった」と自嘲しているが、私には「トラックバックをしてみたかっただけだからいいのです」では済まされない深刻な問題を孕んでいるように思える。

おじさんが「ゴカイ」してしまったことの理由として、帝國さんは(名前をはやくつけなさい)「寄りかかって寝てしまったこと」にのみ着眼し、最も重要と思われる「山手線のスリーピングビューティー」、主人公の愛らしさに一切触れていない。一見してそれが「るきさん」の核を為しているというのに、である。

物語はその本質において、ストーリー上の契機(イベント)によって展開するわけではない。イベントはそこに至るプロセスによって作られるが、そこに至るプロセスはイベントによって作られることはない。


大事なことは何なのか。就職活動なのか。バッジョのポスターなのか。藤澤恵麻なのか。藤澤恵麻の写真集「FUJISAWA EMA」を○yで落として焼いて送ってくることなのか。旅先の動画をちゃっちゃと編集して完成形を届け、『週末から』用の文章を「いっぱいかいちゃった」と万札に包んで渡すことなのか。

この答えを明らかにしてこそ、「ほとんど全ての人が」半ば無意識に「習得している」「儀礼的無関心」の無防備な拡張と反動的無遠慮を制御できるのではないだろうか。

肝に銘じておくべきである。「儀礼的無関心」は無害であると同時に、無益である。そして、それが一度作品に向けられたときに、強大な暴力となる。儀礼の反対語がわからない無知な私に言わせれば、「儀礼的関心」を「本能的関心」「生活的関心」へと成長させることが重要だ。人間だもの。


今、皆さんの間で笑いがもれたが、今まで大切な試合で彼がゴールを決めて日本が助かったことはたくさんあったと思う。あなた方は喜んだではないか。彼は頑張っていたわけだし、自分もそんな彼を笑うことはできない。日本がワールドカップに出場してほしいと、皆さんが本当に願うのであれば、選手を励ましてやってほしいと思う。/ジーコ

















文章を精神論に持っていってみたぞ
うん、いいね。すごくいいね。 (『どですかでん』)
スポンサーサイト

COMMENT

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kunimotokanei.blog8.fc2.com/tb.php/65-47f7587b

 HOME 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Administer

Monthly Archive

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Recent Entries

Blog Pet


私のブログを盗み見て言葉を覚え、話しかける(クリックする)と返事をするらしい。あまつさえ勝手にエントリーにレスをつけてくるという。名前の由来説明は不要だと思うが、詳細なプロフィールが知りたい方&「なんのこっちゃ」と思った人は上の「ねずみ」という文字をレッツ・クリック。

占い

Catchphrase

Profile

Administer

Others

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。